キャンプ場での蜂駆除にはこのアイテムを使え

夏は危険な季節?!蜂が活発になる時期にご用心

楽しみながら蜂駆除対策

外が真っ暗になると、小さなもの、それこそ蜂のような虫の姿が見えづらくなります。蜂が近くに生息しているかもしれない、という状況で夜を迎えた場合、どのような蜂対策を取ればよいのでしょうか。

素敵な雰囲気を演出しながら蜂対策ができます(30代/男性/キャンプ大好き)

キャンプファイヤーは、キャンプのときにしか楽しめない恒例行事です。キャンプ場で重宝する虫除けアイテムの中には、なんとキャンプファイヤーさながらの雰囲気を持つ「虫除けキャンドル」というアイテムが存在します。竹製バスケットに入ったキャンドルは、火を付ければ蜂や他の虫が嫌うシトロネラの香りが放たれます。蜂を寄せ付けないという効果を持ち、それでいて小さなキャンプファイヤーのような感覚を味わえるという、まさに一石二鳥のアイテムなのです。

プロなら夜間でもスムーズに蜂駆除をしてくれる

蜂に関する知識を付けたり、いろいろな駆除アイテムを利用したりすれば、素人でも最低限の蜂対策はできます。しかしそれはあくまで昼間の場合です。夜間帯になると、できることが限られてしまいます。どうしても夜間帯に蜂駆除をしたいのであれば、蜂駆除のプロである専門業者に依頼しましょう。

20時以降の駆除がベスト

国内には多くの蜂駆除業者が存在します。その中には、「土日・夜間帯対応可」としているところもあります。文字通り、平日土日、そして時間帯に関係なく駆除に来てくれるという意味です。キャンプ場で蜂を見かけたり、自宅に蜂の巣を発見したりしたときは、どんなときでも対応してくれるこのような業者に依頼しましょう。見かけた蜂がスズメバチのような凶暴な性格を持つ種類であれば、なおさら早急な連絡を心がけましょう。専門業者は電話対応から駆除までの流れを、スムーズかつ丁寧にやってくれるはずです。

蜂の巣駆除は、早朝に行なうのがベターだとされています。日の出から6時までの間は、蜂が活発に動けない時間帯であるからです。もし夜間帯に駆除を行なうのであれば、20時以降が良いでしょう。気温が低くなっている時間帯は蜂の動きが比較的鈍くなっているからです。雨が降っていれば、蜂の羽が雨に濡れ動きがさらに鈍くなるので、より駆除しやすくなるでしょう。ただ、巣の場所が分からない状態で駆除に臨むと、巣を探すのに余計な手間や時間をかけてしまうので、明るい時間帯に巣の場所を把握しておくようにしましょう。

TOPボタン